躯体建方(躯体工事)

躯体建方(躯体工事)

躯体工事は、柱、壁、梁、床、天井といった建物の骨組みを作る工事のことで、工期の中で最も時間を要する工程でもあり、建物の主要構造部を作る重要な工事です。

弊社の躯体工事では住宅建設における柱・梁の鉄骨の建て込み、ALC版や開口パネルなどの設置、各種施工を行っております。クレーンの手配、必要な用具、資格などはすべて弊社にて用意いたします。躯体工事はどのような手順・工法で工事するか、事前に綿密な計画が大切です。

基礎工事は、躯体工事の1つです。杭基礎の場合、杭を打設した後、杭の周りに鉄筋を配置し、フーチングをつくります。これは躯体工事です。直接基礎では、地業工事が終わった後、基礎の鉄筋を配置し、コンクリートを打設します。


躯体工事の大切さ

躯体工事は、工期の約7割以上を占める重要な工事である上、躯体工事の施工管理には、コンクリート、鉄筋、鉄骨、施工法等に関する高度な専門知識と豊富な経験が必要な工程となります。弊社では躯体工事の豊富な経験を有した施工管理技士が毎現場厳しく品質を確認しながら、建物作りを実現しています。

住宅建設における躯体建方作業(躯体工事)

柱の建て込み

クレーンを用いて柱を所定の位置へ設置しています。

梁の設置

クレーンを用いて梁を所定の位置へ設置しています。

ALC版(床)の設置

床版に必要に応じて切欠きなどの加工を施し、敷き込みを行っています。

開口パネルの設置

窓枠などのサッシ類の取り付けを行っています。

ALC版(壁)の設置

窓枠などのサッシ類の取り付けを行っています。

対応可能エリア・時間

主要エリア

  • 東京都
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
※上記エリア外でも対応可能な場合がございます。お問い合わせください。