CATEGORY

建設知識

手元作業とは|職人さんの施工補助作業

手元作業(手許てもと作業)とは、現場にて職人さんの補助を行う作業です。 作業内容は、各種施工補助、資材移動、養生、開梱、片付け、清掃など広範囲に渡り、職人さんが作業に集中できる環境を整えます。 「手元」は現場系の職種で使われている言葉で、建設業、造船業、除雪作業等で使われます。「解体の手元」「内装工事の手元」「型枠大工の手元」など「職種+手元作業」の形で使われます。 また「手元作業」は、特定の職人 […]

揚重作業の安全対策-意識は高く持つ

揚重作業の安全対策でお悩みですか? 揚重作業はすごくシンプルな作業です。 それにも関わらず、揚重作業で事故や物損が起こってしまうのはなぜでしょうか? 安全の話は重たく、小難しく、カタカナの専門用語が多いです。なるべく難しい言葉は使わず、噛み砕いて 安全対策をご紹介します。 おそらく、この記事を見られる方は、揚重に関わる企業のオピニオンリーダーか安全衛生責任者にアサイン(任命)された安全リテラシーの […]

雑工とは|猫の手も借りたい現場監督に人の手を貸すこと

雑工とは建設業の職種の一つで、「多くの作業が統一なく集まっている・色々な作業が混ざっている」という意味で使われています。文字だけを見ると「おおざっぱ」というイメージが先行しますが、雑工の「雑」は「色々なものが入り混じっている」という意味です。 雑工事の具体的な作業は、下記のように多岐に渡る細かい業務が含まれます。 「職人さんの手伝い(手許てもと作業)」 「養生」 「場内整備」 「清掃」 「資材の搬 […]

ユニットバス搬入の様子をご紹介!

ケイ・マックスには、住宅設備(ユニットバス、キッチン・システムキッチン、洗面等)を専門に搬入する部署があります。 専門部署の為、住宅設備の搬入に慣れた作業員が丁寧に運びます。 この記事では、ユニットバス搬入の様子を紹介いたします。ケイ・マックスは主に関東一円、東京、埼玉、神奈川、千葉エリアの荷揚げ・搬入にご対応致します。 搬入に関するお問い合わせは下のボタンよりお願いいたします。 ユニットバス搬入 […]

システムキッチン搬入の様子

ケイ・マックスには、住宅設備(キッチン・システムキッチン、ユニットバス、洗面)を専門に搬入する部署があります。 専門部署の為、住宅設備の搬入に慣れた作業員が丁寧に運びます。 この記事は、個人や自社でキッチンを搬入する方へ向けてキッチン搬入の様子を紹介いたします。 当社は主に関東一円、東京、埼玉、神奈川、千葉エリアの荷揚げ・搬入にご対応致します。 搬入のお問い合わせは下のボタンよりお願いいたします。 […]

荷揚げ屋は力を使わない?搬入のコツ8選

荷揚げ屋と言えば、力仕事というイメージが強いですよね。実際に、荷揚げは力仕事なのですが、その中でも少しでも体の負担を減らすためのコツのようなものがあります。 本当に疲れ果てたときに、搬入効率の追求が始まります。 「どうすれば力を使わずに運べるだろうか」「新人の荷揚げ屋さんをうまく活用できるやり方はないか」「疲れない運び方、持ち方はないのか」「もっと効率的に、もっともっとー、あーー」 そんな極限状態 […]

荷揚げのコツは全体像を把握することから

荷揚げを安全に速く楽に終らせるコツを知りたいですか?この記事で言う”荷揚げのコツ”とは 「搬入の全体像を知り、先手先手で段取りを行うこと」 この一言に尽きます。 コツというと、裏技の様なことを想像されるかもしれませんが、荷揚げに近道はありません。「確実に一つ一つの工程を終わらせていくこと」が、一番の「荷揚げのコツ」です。 なんか、校長先生っぽかったですね。 えー、皆さんが静かになるまで31分23秒 […]

楊重?揚重?木偏と手偏どっちの表記が正しいの?

楊重?揚重?手偏?木偏?口臭、怪獣、鼻炎、ぴえん教授、今日中?課題、消えん? バイブスがあれば、揚重も楊重も、養生も溶状よ! 揚重だけに、揚揚(アゲアゲ)になってしまいました。 お遊びはここまでにして、真面目な話をしていいですか?(真顔)結論から言うと荷揚げの「ようじゅう」は手偏の「揚重」です。 以下、楊重の「楊」の字について解説しています。 楊重の「楊」は「やなぎ」の意味 木偏の楊は、爪楊枝のよ […]

【令和時代】最強の荷揚げ屋の定義

最強 それは、 「一番強いこと」「誰にも負けないこと」です。 この記事にたどり着いた方は、恐らく 最強の荷揚げ屋になりたい 最強の荷揚げ屋とは何か知りたい という人だと思います。 そういう方にあえて 「2位じゃだめなんでしょうか?」 と短髪眼力でスタイリッシュに言い放ちたいです。 では総理、「荷揚げ」でいう「強さ」とは何でしょうか?この記事では、「荷揚げの強さ」について、仕分けしていきたいと思いま […]